調味料は本物を!~酢編~

酢

「酸」は油や肉魚の消化を助ける

夏場、登場回数が俄然増えてくる調味料が「酢」です。

お酢、すなわち酢酸には、魚介類の殺菌作用、
油を使ったお料理やお肉の消化を助ける作用があるのですね。

中華料理店のテーブルに、醤油やラー油と共に
お酢が常備されているのは、さもありなん。

レモンやすだちなどの柑橘系も同様に消化を助ける働きをします。

フライにレモン。
さんまにすだち、かぼす。

やはり、さもありなんです。

特に柑橘系は、お魚の毒素を分解する作用があると知られています。

本物のお酢の材料は、米だけってご存知でした?

お買い求めになるときは、原材料チェックを忘れずに。

酢酸を水で薄めて、化学調味料や甘味料などを加えた
合成酢は安く買えます。

某所で、税込み100円で売られていました。

ちなみに、パルシステムのお酢は税込み216円。
パルシステムの「純米酒」は、米100%で作られたお酢なんですね。
市販の商品と違ってツンとしないというのが純米酢の特徴かもしれません!

お値段が倍と言えば倍だけど、
ここは、ちゃんとお酢の働きをからだに取り入れたいところです。


酢

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事