パン粉考~パン粉をまじめに考える~

フライ

カリッと揚げるために

先日、フライの記事の続きです。

フライはお好きですか?をご覧ください。

カリっ、ガリっとしたフライを揚げるために
無視できないのがパン粉の選択。

今、「ソフトパン粉」なるものが
イーストフード不使用として
かなりリーズナブルに売られていますが、
これは、衣を薄づきにして、さっと揚げる
低カロリーフライ向きです。

たとえ、溶き卵でなく、溶き小麦粉を使っても
このソフトパン粉だと、カリッと揚がらないどころか、
なかなか美味しそうな揚げ色がつかないのです。

たとえば、コロッケの場合、
長い時間揚げても、温度を上げても、
中身が破裂するばかりでいい色にならない。

二度揚げしてなんとかいい揚げ色になるぐらい。

フライ、奥深し

パン粉

Exif_JPEG_PICTURE

真ん中のオーガニックパン粉は、カリッと上がります。
でも、スーパーではなかなか手に入らず、
しかも、100g税込248円とちょっとお高い。

左のパン粉は、パルシステムで。
原材料を確認すると、オーガニックパン粉よりも
むしろ、ソフトパン粉に近い部分もあるのですが、
こちらを使ってカリッと揚がりました。

200gで税込204円。

キッチンが汚れるから、家で揚げ物はやらない派の方も
少なくないと聞きます。

「だって、スーパーで揚げ物買えるもん」って。

確かにそれはそうなのですけれど、
おうちで揚げたてを食べるって、かなりプレミアム。
(真似てみてる・笑)

薄づきさらっとフライ?
ガリっとフライ?

好きな揚げ具合を追求してみるのもけっこう楽しいものです。

溶き卵 or 溶き小麦粉?
そして、どんなパン粉を使う?

フライも奥深し。
…なんて思っているのは私だけかしらん?笑

今のところ、パルシステムで買えるパン粉に軍配が上がっていますが
いつでも入手できないのがたまに傷。

いい揚げ具合に仕上がるパン粉を探し続けます。


フライ

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事