ニラは、手早く、色よく!

ニラ

香りの強い野菜はチカラも強い

「ニラ」と言えば、スタミナ野菜。

「レバニラ」に代表されるように、
夏バテ防止、スタミナ補給の第一人者ですね。

今年の夏のように気温が低いと
ちょっとニーズが低くなってしまうかもしれませんが、
代謝アップ、疲労回復、冷え改善におススメな野菜です。

太くて、肉厚なものを

八百屋さんに教えて頂いたのですが、
にらって、一株から4回収穫するのだそう。

当然ながら、最初のにらがチカラも強いのだそうで、
八百屋で選ぶ際には、肉厚で太いものを選んでください。

手早く、色よく!

ニラの調理のポイントは、手早く!
火を入れ過ぎない。

ニラの卵とじ

この「ニラの卵とじ」も、
さっとにらを強火で炒めて、
卵を流し入れて、ざっと混ぜ合わせて、
塩と醤油で味をつけるという早技料理です。

学生の頃、ちょっと高級な中華料理店でアルバイトをしていたことがあるのですが、
ニラの入ったお鍋料理のにらを入れるタイミングを
料理長がものすごく大切にしていたことが印象に残っているのです。

「ニラは火を入れ過ぎちゃダメなんだ。香りが飛んでしまうし、
色が悪くなってしまう」って。

手早く、色よく!
味噌汁やスープに入れるときには食べる直前に。

ニラは使い切れないという方へ

にらを使い切れそうになかったら
にら醤油を作ってみませんか?

にら一束を小口切りにして、
醤油1カップに漬ける。

冷蔵庫で一か月ほど保存可能です。

冷ややっこや厚揚げにかけて、
ごはんにかけて、美味しいですよ。


ニラ

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事