大人な一品!ねぎとしいたけの山椒炒め


挫折した20代、あの頃…笑

甘~いねぎといえば、冬に登場する下仁田ねぎですが、
普通のねぎもじっくり火を通すことで
甘みがじわりじわりと出てきます。

この「ねぎとしいたけの山椒炒め」は、
20代の頃に雑誌か本で知ったレシピ。
書いてある通りに作ってみたのですが、
なんだか、美味しくできなかったのです。

何度か試したのですが…。

「こういう料理がさっと作れる女になりたいわ」
と思ったし、
「こういうごはんを食べる生活をしたい」
と思っていたので、少なからずショックでした。

塩の使い方で炒め物に差がつく」

ずっと脳裏から抹殺していたこの料理を思い出して
再チャレンジしてみたのは、割と最近のことです。

やってみたら…

これこれ!
やっぱりこういう美味しさでしょ!

できた、できた!やっとできた!

…コツは、やっぱり塩使いでした。

フライパンに油を温めたら、野菜を入れる前に
ひとつまみのお塩を入れる。

それから、しいたけ、ねぎの順番に炒めて
蓋をして、弱火でじっくり火を通していきます。

最後に粉山椒をぱらぱら。

お酒のおつまみにもおススメです。

大人になっても、ハンバーグやコロッケ、シチューは
大好きで美味しいけれど、同時並行にこんなお料理の味わいもわかるのが
大人の楽しさ&醍醐味。

味覚の秋。
ますます感覚を研ぎ澄ませて、
美味しくごはんやお酒をいただきましょう。


この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事