もしかしたら生姜の作用を勘違いされてるかもしれないあなたへ

生姜

12月も半ばを過ぎ、寒い日が続きますね。

この時期は、クリスマス、年末年始のキラキラ華やかな情報と共に、
からだを温める食材、冷え対策の情報も増えてきます!

その中で、イメージ先行、ちょっと勘違いで
広まっているのが「生姜」だと思うのです。。。

生姜が持っているのは、発散する作用。
中心から外側に広がる矢印をイメージしてみてください。

血管や細胞を広げ、代謝を上げる働きです。

でも、寒い時期に発散したら、からだの熱は逃げていきますから、
一時的にぶるるっと寒くなる。

むしろ、からだを温めてくれるのは、
熱を加えて乾燥させた生姜のパウダーの方です。

生姜パウダー

長胡椒、山椒、生姜の3つが
からだの中から温めるトリオパウダー。

生の生姜のすりおろしを冬場に食べちゃよくない、
というのではないですよ。

湯豆腐に生姜、厚揚げに生姜、
お刺身に生姜、okです。

が、それは、消化力アップ、代謝アップ、風味アップの生姜です。

炒めたり、蒸したり、熱を加えると性質が変わるのですね。
漢方でも、生の生姜と熱を加えた生姜の効用はきっちり分けられています。

あと、チューブの生姜は、風味のみですから、ご注意を。

イメージは強力ですが、
食材の効用に関しては、イメージに頼りすぎず、
体感と共に自分自身の感覚に刻む習慣をつけたいですね。

楽しい冬を過ごしてください。


生姜

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事