七草粥で無くてもいいんです!一草粥、二草粥でも

七草粥

年末年始は、おせち、七草、鏡開き…なかなかに忙しい

クリスマスの次はお正月、
コンビニやスーパーでは、もう恵方巻きの宣伝…。

おっと、その前に、七草粥もあった、
鏡開きも…。

大忙しの年末年始の「食」の世界。

スーパーでは、七草セットが売られていますね。
なんとなく、それを買って
七草粥を作らなければならない気がしていません?

七草とは、
・せり
・なずな
・ごぎょう
・はこべら
・ほとけのざ
・すずな
・すずしろ
のこと。

このうち、

「すずしろ」は大根のこと
「すずな」はかぶのこと

七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は、江戸時代に広まったそうです。
胃腸に負担のかからないおかゆを食べようという習慣から考えて、
昔の人も年末年始は、暴飲暴食をしたのかもしれませんね!

また、七草粥といいましても地方によってはそれが多くなったり
少なくなったりということもあるそうです。

ですので、七草にこだわらずに
大根だけでもOK、かぶだけでもOKなはずですね!

こういった、季節ものは無理せず、気楽やりましょう!

胃腸を休めて、からだを温めるお粥、日常にもいいですね

かぶ

大根とかぶの実は薄くスライスして、
お米と一緒に入れてお粥を炊きます。
葉はさっと茹でて細かく刻んだものを
炊けたお粥にさっと混ぜ、塩を加えたらそれでOK。

年末年始、ご馳走で疲れた胃腸をねぎらうお粥

別に7日だけでなく、寒い時期に日常に取り入れてみるのもおススメです。


七草粥

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事