今さら人に聞けないお味噌の区別~原料編~

原料からみる味噌の種類

原料からみる味噌の種類とは

日本各地にいろいろな味噌があるのはご存じの通り。
本当にいろいろな味噌が存在しますね。

けれど、お味噌の種類って、けっこう知らないものです。。

まずは、原料別に味噌を分けてみると以下3つ。

「米味噌」:大豆に米麹を加える
「麦味噌」:大豆に麦麹を加える
「豆味噌」:大豆に豆麹を加える

味噌の原料は、そもそも、大豆、塩、麹です。

上記のように麹が何からできているかによって、
味噌の名前が変わってくるのです。

麹が違うと味噌の何が違うのか?

味噌づくり

まずは、米味噌。
日本で流通している味噌の80%程度は米味噌とのこと。
もっとも親しまれている味噌は、米味噌ということですね。

味の違いとしては、米麹を使ったお味噌が一番甘め。

次は、麦味噌。
九州・四国で多く作られている味噌。
私は、個人的な好みで、自分が作るときは麦味噌なのですが、
こちらのほうがかなり甘みも少なく、味はさっぱりタイトな感じ。

最後は豆味噌。
東海地方で多く作られている味噌。
かなり味が濃く、より硬派なお味噌になります。

お味噌を買うときは、これは何味噌かな?と考えるときに
原料をチェックするよという方は少ないかもしれません。

もし、味をくらべてみるチャンスがあったら
ぜひ、違いを感じてみてください。

次は、お味噌の色の違いから見る味噌の違いについて書いてみますね。


原料からみる味噌の種類

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事