春、野草を食べよう !! ~せりのピリ辛炒め~

春野菜のセリ

花粉症の方に、特にオススメ!

先日「春は苦み野菜を食べよう」という記事の中で
野草のパワーについて触れると共に、
花粉症の方は、乳製品摂取を控えながら、
積極的に野草を摂りましょうと提案いたしました。

と言っても、野草って、都心では手に入らない!
いろいろ生えているのは知っているけれど、どれがなんだかわからない。

購入することができる苦み野菜の代表といえば、菜の花
からし菜、かき菜…。

そのような中でも春の七草の筆頭にくる野草「せり」は、
手に入りやすい野草になっています。

野でとれるせりに比べたら野草パワーは落ちますが、
苦み、渋み、甘みも併せ持った食べやすい野草です。

先日のお届けごはんでは、
針状に千切りした生姜と赤唐辛子の輪切りと共にごま油で炒めて、
塩、醤油、お酒で調味して、かなりピリ辛の一品に。

こんなピリ辛野草を食べる機会を増やしてみる…。
大人だからできる楽しみであり、養生です。

せりのピリ辛炒めのレシピ・作り方

せりのピリ辛炒め

1:まず、お湯を沸かして塩茹でします。

塩茹でする際の塩を入れるタイミングについては
こちらの記事をどうぞ。

青菜の塩茹で ~塩を入れるタイミングは?~

2:野草の場合はアクが強いので、
茹でたあと、水にさらします。

※そのままおひたしとして食べる場合は、
このあと、醤油洗いというステップが必要となります。
今回はこちら説明は省きます。

油で炒めるとそれ以上のアクは消えてゆきます。

3:フライパンを熱して、ごま油を注ぎ、熱くなってきたら
千切り生姜と唐辛子を入れて、香りがたってきたら、
せりを入れて、焼き付けるように炒めます。

4:塩をふり、お酒とお醤油で味を調えて出来上がり。

お酒と醤油をフライパンの隅に寄せて煮たてて、
それを絡めるようにすると、さらに美味しいです。

ぜひやってみてください。


春野菜のセリ

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事