台所は家庭の薬局 ~鼻づまりにマスタードオイル~

マスタードシーオイル

病院に行くほどではない不調に

病院に行くほどではないけれど…
耐えられないわけではないけれど…
という不調、抱えている方は少なくないと思います。

それを毎日の食事で、ケアしていくことができたら一番いい。

テレビで「○○は、こんな不調に効く!」と流れると、
スーパーでその食材が品薄になる…と
いう現象が起きるようになって久しいですが、
そもそも、どの食材にもさまざまな薬効があります。

台所は、家庭の薬局と言われる所以ですね。

さらに、食材は「食べる」でない形で
世界各国でさまざまな不調のケアに用いられています。

風邪を引いたら、ねぎを首に巻く、
熱が出たら、キャベツを頭にかぶる、
火傷には、豆腐を当てる、
便秘にごま油を飲む、
目のケアにオイルを点眼する
などなど。

え?!気持ち悪い!
と思うかもしれませんが、
食材だから実は安心。

今日、ご紹介したいのは
「鼻づまりにマスタードオイル」です。

オイルを鼻に入れて、ツーン!そして、通る!

マスタードオイルというのは、
北インドやパキスタン、ベンガルやバングラディシュで
日常に使われている調理油です。

今、どこの街にでもあるインド・ネパール料理屋さんから
漂ってくる香りといったらわかるかもしれません。

あの、かなり独特なツーンとする香りです。

それは、マスタード(からし)の原料であるマスタードシードの種を
絞ったものだから。

ソーセージなどにつけて美味しい粒マスタードの粒は
このマスタードシードです。

先日、「鼻づまりで、苦しくて夜眠れない…」と言われるサロンのお客様
がいらしたので、マスタードオイルを鼻に入れるケアをご紹介してみました。

そうしたら…。

後日、

『あの晩、鼻の中に綿棒で塗ったら、
ドッと鼻水が出て、そのあと朝まで久々にぐっすり眠れました。
以来毎晩、寝る前に鼻の中に塗ってます』

というメールが届きました。

よかった。

私たち日本の家庭に常備されている油ではありませんが、
彼女がやったように、鼻の中に塗ったり、点鼻すると、
いや、多少ツーンとしますけれど、そこは「良薬口に苦し」、
鼻が通ってきます。

普通にスーパーでは売っていないので、
こちらにご紹介しておきます。

マスタードシードオイル
マスタードの種を絞って精製した100%天然オイル

自分が鼻が詰まっていることに気づかない方もいるかもしれません。
また、左右の鼻の通りが同じでない場合もあります。

鼻の通りが変わると、からだが変わります。
気になった方は、試してみてくださいね。


マスタードシーオイル

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事