愛用しています 竹本油脂(株)さんのごま油


油は良質のものを選ぼう

高級スーパーの油売り場には必ずある
竹本油脂さんのごま油。

高級そうなあのパッケージを一度は
ご覧になったことがあるのではないかと思います。

竹本油脂さんのごま油シリーズの中に、
白いごま油「太白ごま油」があります。

竹本油脂さんのホームページはこちら

独特なごま油の香りがなく、まるでオリーブオイルのようななごま油。
この太白ごま油の愛用歴、私はかなり長いのです。

実は、オイルマッサージなどからだのケアにも使えちゃう
安心な万能オイルです。

あ、そのようには書いてはいないですけれど、ね^^

ごま油のクオリティはどこで決まるか?

ごま油のクオリティはどこで決まるかというと、
やはりその製造プロセスです。

市販品は、ごまをしぼる過程で、
化学的な抽出溶剤が使われていると聞きます。
作業を効率化するためだそうです。

本来の製造方法といえば、
圧力だけをかけることで搾っていく昔ながらの「圧搾製法」です。

生絞りだと白い油に、焙煎して圧搾すると茶色い油に

上質なごまを生搾りしているのが白い太白ごま油で、
ごまを煎ったり、じっくり焙煎してから搾ると、
ご存知の褐色色のごま油になるのだそうです。

個人的には、そのプロセスを実際に見てみたい^^

さて、パルシステムでは、その竹本油脂さんと
共同開発しているごま油が購入できます。

パルシステムのごま油

パルシステムのごま油の詳細はこちらから!

オリジナル商品ですね。

このごま油は、焙煎してから搾ったものと
生絞りのものをブレンドしているとのこと、
まろやかで、ドレッシングにも使いやすいのは、
その理由からなのですね。なるほど、納得。

もやしのナムルは、このごま油と塩だけでよく作りますが、
早くて、安くて、絶品^^

お届けごはんでは、中華メニューが週一の割合で
登場していますが、いつもこのごま油を使わせて頂いています。

竹本油脂さんのごま油を
200gで408円で購入できるのは嬉しい限り。
400gの大きなサイズもときどきカタログに登場しますが
迷わず購入、いつもストックしています。

ぜひ使ってみてください。


この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事