アミノ酸調味料を使っていないキムチが嬉しい!!

キムチ

味がどんどん変わっていく、生きてるキムチ

「お届けごはん」スタッフにとって、
お届け終了後ののランチタイムは格別の時間。

ほっとすると共に、もちろん、学びも研究も多いわけですが…。

今日はこれが一番美味しい!と
皆の箸がえらく進んだのが、このキムチでした。

ごはんって、いろいろなことが大事だけれど、
からだが欲するものを食べると最高に美味しい。

パルシステムのキムチ・長野カナモト食品さんのキムチ

パルシステムのキムチ

同県カナモト食品さんの「こだわりキムチ」

長野県望月高原の白菜を使用。
アミといわしの塩辛、昆布だしなどでうまみを出しているそうです。

アミノ酸調味料を使っていないところが嬉しい。
ちゃんと生きている。ちゃんと発酵している。

賞味期限が近くなってくると、
やはり酸味が立ってきて、そのまま食べるにはちょっとね…となりがち。

お気づきとは思いますが、
賞味期限が長く、ずっと味が変わらないキムチは
本物の発酵食品ではない、ということになります。

届いたのが月曜日、本日木曜日。
賞味期限が25日。

今日がベスト!という感じでした。

キムチ好きの旦那さん・彼氏にぜひ!


キムチ

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事