トルコ料理でお馴染みのフムス(ひよこ豆のディップ)

フムス

おいしい!ヘルシー!で女性に大人気

最近「作り方を教えて欲しい!」と言われることNo.1レシピはフムス。
トルコ料理ではお馴染みの、ひよこ豆のディップです。

食事のおかずというよりは、
ビールやワインのおつまみに最適。
サンドイッチに挟んだり、パンメニューも豊かにしてくれます。

チャナ豆、ガルバンゾーとも呼ばれるひよこ豆は、
たんぱく質豊富で、なんといってもほくほく感、甘さが特徴ですが、
乾燥した土壌でのみ栽培が可能なのだそうです。
(生命体って本当に面白い)

日本では栽培されていない。

ですから、私たちが子どもの頃、食卓にのぼるお豆ではありませんでした。
おばあちゃん世代はあまり知らない豆ですね。

グローバル時代を噛みしめつつ、中近東の風が吹くような、
ほくほくの甘さを頂いてみましょう♪

フムス作り方

ひよこ豆
①ひよこ豆カップ1をひと晩たっぷりの水(6~7倍)に漬けておきます。

※ひと晩というのは、おおよそ8時間のこと。
朝漬けておいて、夜調理でも大丈夫です^^

※茹で豆の缶詰もありますが、美味しさから言っても、
色留めや酸化防止の処理が行われていることからも
ぜひ茹でて頂きたいです

②圧力鍋をお持ちの方は、漬け汁ごとお鍋に入れて弱火にかけ、
圧がかかってきたら、強火で1分、その後、弱火で7分。
(私が使っているヘイワの圧力鍋の場合ですが、
お持ちのお鍋で大豆を茹でるときと同じで大丈夫です)

※お鍋で茹でる場合は、お鍋を中火にかけて、沸騰したら弱火にして、
20分~30分コトコト茹でてください。
途中で白いアクがブクブクと浮いてきたらすくい、
水分が足りなくなったらさし水をしてください。

③茹でたひよこ豆の半量に以下の調味料を足して、
ガ~~とミキサー、フードプロセッサーにかけてできあがり♪

・オリーブオイル(大さじ3)
・白ごまペースト(大さじ2)
・レモン汁(大さじ3)
・塩(小さじ1/2)
・にんにく(1/2かけ)
・クミンパウダー(小さじ1/4)
・茹で汁(50㏄~)

※茹で汁で全体の硬さを調節します

※クミンパウダーがなくても問題なし!

※フードプロセッサーをお持ちでなかったら、
マッシャーなどで潰し、敢えて食感が残るスタイルにするのもマル^^
私も完全なペーストにはしないです

※もう半量はそのままサラダやスープ、カレーに入れて
楽しんでみてください

ぜひ、お試しあれ♪

「お届けごはん」代表 大田区鵜の木のごはんの美味しい総合ヒーリングサロン「さろん楓」の印南真帆でした!


フムス

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事