梅雨明けて、梅干し完成

梅干し

土用干しには早いけれど…

梅干しは、通常、梅雨が明けた7月下旬~8月上旬の
「土用」と呼ばれる時期に、3日間天日干しして完成します。

ところが、今年、梅雨明けが早かったですよねぇ。

ちょっと悩んだのですが、土用を待たずに干してしまった。
梅干し、完成いたしました。

夜露も大事

梅を干す

梅干しをざるに並べて、
1~2日目は天日に当て、夜は室内に。
3日は、翌朝まで外に置いて、夜露に当てます。

この間、3~4回表裏を裏返したり、
軽く揉んだりします。

日光と風に当たること、そして、最後にしっかり夜露に当たることが
しっとりと美味しい梅干を作る秘訣。

夜、気温が下がり、湿度が高い土地は、
稲作にはベストではないけれど、
梅干しが美味しくできると言われています。

こちらが白梅干し。

途中で、赤紫蘇を入れると赤梅干しになります。
この後、保存瓶で赤紫蘇を入れることもできます。

梅3

そして、梅酢

そして、梅干完成と共に誕生するのが、自家製梅酢。
もちろん、調味料としても大活躍しますが、
防腐作用がとても強いので、
これからの夏場、炊飯時に加えたり、
おにぎりを握る際の手水にしたりもします。

日本の伝統食材は、合理的で無駄がない!
ほんとによくできてる!

さぁ、2018年鵜の木製梅干しの味はどんなかしら?


梅干し

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事