モロヘイヤをナムルで食べよう!!

モロヘイヤ

モロヘイヤは栄養満点と聴くけれど…

夏になると、価格も下がって店頭に並ぶモロヘイヤ。

昨年も書きましたけれど、
個人的に「あまり…」な野菜だったのです。

『モロヘイヤ、炒めてみた』の記事はこちら

あくまでも、当社比ですが(笑)

栄養価は高い。夏は安い。

けれど、割とめんどくさい。

実のところ、あんまり美味しいと思っていない。

というわけで、
すすんで調理している人が実に少ない夏野菜…。

けれどね、このナムルは、
自分史上納得のモロヘイヤレシピと思いましたのですよ^^

というわけでご紹介です。

モロヘイヤのナムルのレシピ

モロヘイヤナムル

<1>モロヘイヤひと束は、太い茎から葉をとります。
<2>にんにくのすりおろしを小さじ1/2強、生姜のすりおろしを同じ小さじ1/2強、
ごま油大さじ1、すりごま大さじ1、塩小さじ1/4程度、醤油小さじ1/2をボールに入れ、
よく混ぜ合わせておく。
<3>お湯を沸かし、沸いたら塩ひとつまみを入れて、モロヘイヤを入れ、20~30秒ほど茹でる。
<4>ざるに上げて、冷めるまで待つ。
<5>触れるぐらい粗熱がとれたら、この時点でぬめぬめしていますが、ざくざく切って
<2>のボールに入れ、よくあえたらできあがり。
<6>ごまを飾る

調味料は、これをベースにお好みで調整してみてください。

★   ☆   ★

モロヘイヤが王様の野菜と言われるようになったのは、
エジプトで、どんな薬を飲んでも治らない重病の王様が
モロヘイヤのスープを飲んで治ったというエピソードに由来するようです。

消化力促進したい!
便秘や下痢を改善したい!という方。
夏バテ予防に。

モロヘイヤに魅力を感じていなかったという方に
特にトライしてほしいナムルです♪


モロヘイヤ

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事