美味!絹揚げ! 厚揚げとの違い、ご存知ですか

厚揚げ絹揚げ1

2種類の厚揚げ

以前、豆腐工場に取材に行った際に、
厚揚げを作る工程を見学したのです。

揚げるレーンが2つあるのです。

同行した取材クルーの方たちが
その説明を受けても、きょとんとしていて…。

ひと呼吸おいて、理由がわかりました。

厚揚げに2種類があるとご存知なかった…のです。

木綿豆腐を揚げると、厚揚げ。
絹豆腐を揚げたものは、絹揚げ。

絹揚げではなく、生揚げと表現されることもあります。

絹豆腐をそのまま揚げるのは、やはり、柔らかいゆえに難しく、
熟練のスタッフが担当するのだそうです。

崩れないように、高温で一気に揚げる必要がある。
さもありなん、両者を比べると、絹揚げのほうが色が濃いです。

2種類の厚揚げの存在、
知ってる人は当たり前に知ってることですが、
知らないあなた、その違いを味わってみたくなりますよね?

新絹揚げ!何が変わったかわからないけれど、美味しい!笑

厚揚げ絹揚げ2

一般的に、木綿豆腐を揚げた厚揚げのほうが、
煮崩れしにくいので、煮物などに適していると言われます。

そのまま焼いて食べるのでしたら、もう、断然、絹揚げ!

私は、やっぱり一度茹でて、豆腐の中にまで火を通してから
フライパンで周囲を焼きます。

おろし生姜を乗せて、醤油をひと回し。
もう、それだけで、とろける感が最高です。

共生食品さんの絹揚げ、
リニューアルしたと耳にしましたので
パルシステムで注文してみました。

正直なところ、どこが変わったのか、わかりません…
けれど、最高に美味しい♪

茹でて、焼いて、おろし生姜と共にお皿に載せるだけ。
これは料理とは言えない…という声も聞こえてきそうですが、
一口食べたら、そんなことは一切関係なくなります。

このクオリティで、100gが2つ入って、178円(税込192円)
かつ、消泡剤不使用、国産大豆使用。
あぁ、素晴らしきかな。

一生買い支えることを誓います!(笑)

生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープのHPはこちら

▼過去の取材記事はこちら▼

パルシステムの「おいしい厚揚げの秘密」、生産者に聞きました!【インタビュー企画vol.2/前編】

「お届けごはん」潜入取材!豆腐、厚揚げの製造工場を視察してきました!【豆腐工場】【インタビュー企画vol.2/後編】


厚揚げ絹揚げ1

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事